読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

errand softのブログ

Androidのアプリ開発に関する記事を書いていきます。

SO02Eでドコモ系MVNOのテザリングを使う

 ドコモ系の端末にドコモ系のMVNO SIMを挿してもテザリングが使えないのはそこそこ有名な話である。

 でも、ドコモ版Xperia Z(SO02E)に限らず、同型機に国際版のあるドコモ系Xperia端末ならば適切なftfを焼くだけでroot化せずにドコモ系のMVNO SIMでもテザリングできるようになる。

 もっとも、異なるROMを焼くのはソフトウェアの著作権的にグレーだそうで、そもそも作業中に端末が動かなくなることも多いので、下記を試すならもちろん自己責任で頼むよ。

 

■利点

ドコモ系MVNO SIMでテザリングできるようになる

・国際版のほうがOSバージョンが少しだけ高いことが多い

 

■欠点

端末内のデータは消える(消さない方法もあるが、消したほうが成功しやすい)

・ドコモ系のサービスやワンセグおサイフケータイなどが使えなくなる

 

■準備(SO02Eを例に説明。別の端末の場合は適当なftfに変更すること)

・端末のバックアップ

コマンドプロンプトからadbコマンドが通るWindows PC

flashtool - Google 検索(ROMを焼くためのツールを取得)

C6603 ftf - Google 検索(ROM相当のファイルを取得。C6603は国際版Xperia Zの型番の1つで、ftfはROM相当の内容のファイル)

 

■手順(SO02Eを例に説明。別の端末の場合は適当なftfに変更すること)

1.取得したflashtoolをインストールして起動。

2.雷ボタンを押してflashmodeを選択。

3.取得したC6603のftfファイルを選択し、flashボタンを押下。

4.あとはflashtoolの図に沿って実行する。戻るボタンを押しながらUSBケーブルを挿す図が出ているが、最近の端末はHWの戻るボタンがないので端末の音量下ボタンを押しながらUSBケーブルを挿す。

5.小休止。5分ほど待とう。

6.flashtool内のログが止まっており、"Flashing finished"と出ていたらUSBケーブルを抜いて、端末の電源ボタンを押す。すると無事に焼いたROMでOSが立ち上がるだろう。おめでとう。

 

X.立ち上がらなかった場合は? 残念だが、私にはどうすることもできない。別のサイトを参考に復旧を頑張ってほしい。

 

■解説

 テザリングができないのはドコモのAPN強制切り替えのせいなので、SIMフリー相当の国際版のROMならばそういう処理はなく、そのままテザリングできるいうわけだ。

 ftfであっさりとROMが焼けるのはXperiaならではの利点だね。ftfはXperifirmで簡単に取得できるようになったし、国内版の端末でも国際版でサポートが続けば、今後も末永く使えそうだ。

 

■目論見

 費用をキャリアの3分の1程度で抑えられるし、もうMVNOでいいんじゃないかな。